ドローン空撮を大阪や兵庫で。夜間飛行やDID飛行許可済み|不動産やゴルフ場まで撮影できます

※更新【改正航空法について】

皆様へ重要なお知らせです。

12月10日より改正航空法によりこれまでどう扱えばいいか不明であったクワッドコプター(ドローン)が「航空機」として指定され、許認可がなくては飛行できないエリアが明確になります。
当然人口密集地である近畿エリアの各都市部も許可がなくては飛行できません。

株式会社JIGでは先般より国土交通省と調整をつづけ、許認可をいただくことができました。

2015年12月10から飛行許可を得ていた弊社ですが、その後の実績も認められ広告用の空撮企業として2016年1月12日付けで株式会社JIGは全国各地でドローンを飛行してもいいという企業に認可されました。
基本的にはマスメディアや災害救助、セキュリティ上必要だと思われる団体にしか交付されません。

これにより、弊社指定エリアであれば最低1年間は日中はもちろん、夜間飛行も申請期間を待たずに即日飛行が可能です。

近畿一円はもちろん、その他必要があれば全国どこでも撮影することが可能です。
※鉄道及び高速道路、交通量の多いバイパス周辺等上空は許可されません。現場の状況で変動しますのでお問い合わせください。

事実上、安全基準を満たさない業者や個人事業者を排除する改正航空法となってしまいましたが弊社は安心してご依頼いただけます。

飛行高度空港周辺建築物の撮影動く被写体等詳しいことははお問い合わせください。

 

お知らせ

ドーム、ライブ会場でのドローン運用について

  株式会社JIGでは、5大ドームと言われる ・東京ドーム ・ヤフオクドーム ・京セラドーム ・ナゴヤドーム ・札幌ドーム にてマルチコプターを利用した撮影及びその他演出等のフライト実績が多数ございます。 GP …

img_1200

本年もありがとうございました。

皆様には様々な形でお世話になりありがとうございました。 お陰様で株式会社JIGはこのドローン業界において他では実現できない高度な経験と技術を得ることができました。 現時点で2017の様々なプロジェクトの準備を進めています …

マルチコプターの正しい運用について

弊社ではマルチコプター運用の際、フライト環境の確認を必ず科学的に行っております。 一般的にロケハンなどと言って周辺環境だけを見に行く業者が殆どですがそれは意味が有りません。 使用周波数帯が実際どの様な状況か把握した上でフ …

matrice100の運用について

弊社はDJI社製のmatrice100の運用が可能です。 GUIDANCEと言うビジョンポジショニングシステムは他のDJI製品を圧倒できるほどの性能を誇ります。 GPSが使えない屋内(屋根付きスタジアムやドーム、ホールな …

image

MATRICE600の利用について

  弊社では大型空撮用機材としてDJI社製のMATRICE600を使用しています。 今までは案件ごとに国土交通省に許可申請を行うことをメインとしていた機材ですがこの度国土交通省から全国における包括的な許認可を得 …

img_1037

Instagram【jigincjp】

デモンストレーションムービー

FacebookPAGE


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.